大井町笑顔特派員スベリー・マーキュリー、感謝の集大成!『みんなでつくるスベリーフェスティバル』大盛況で閉幕

5月28日(土)、神奈川県大井町で『みんなでつくるスベリーフェスティバル』が、開催されました。

出典: FANY マガジン
出典: FANY マガジン

このイベントの発起人は、QUEENリスペクト芸人、“スベリー・マーキュリー”ことスベリー杉田。2016年に大井町の笑顔特派員に就任し、町に笑顔を生み出すことを目的に、様々な地域活性プロジェクトやPR活動に関わり、活動は7年目を迎えました。
このたび、「お世話になってきた町民の皆さまに感謝を伝えたい」と、スベリーがフェスを企画。支援を呼びかけたクラウドファンディングでは、目標額を超える70万円以上が集まるなど、たくさんの方々の協力をいただきながら、このイベントが実現することとなりました。

出典: FANY マガジン

子どもからお年寄りまで約4,000名が来場

『みんなでつくるスベリーフェスティバル』の会場は、完成したばかりのおおい中央公園。開園イベント「Oi Connect みんなのマルシェ」と同時開催され、晴天の中、約3,000名が来場しました。子どもや家族連れ、お年寄りの姿も数多く見られ、幅広い年代が楽しめる地域密着型のフェスとなりました。

出典: FANY マガジン
出典: FANY マガジン

会場には、ステージの他、キッチンカーや体験ワークショップ、フリーマーケットが立ち並び、行列ができるブースも。
グルメを堪能したり、ものづくり体験やゲームに挑戦したり、かわいいアイテムを見つけたりと、参加者は思い思いの楽しみ方でフェスを堪能していました。
会場の一角には、スベリー特設ブースも登場。ARを使った写真撮影コーナーや衣装の試着体験、スベリーおすすめショップによる販売コーナーが設けられました。
「スベリーさんに会いに来ました」という参加者も多く、スベリーも、休みなく写真撮影やサインに応じ、町民の皆さま一人ひとりと触れ合う貴重な機会にもなりました。

出典: FANY マガジン
出典: FANY マガジン

スベリーと親交がある出演者たちが、ステージを盛り上げる!

スベリーフェスティバルでは、2つの舞台を用意し、全10ステージを実施。すべてスベリーと親交のある出演者が大井町に集結しました。
ロッキューステージでは、WAYWAVEさんによる音楽ライブや湘南ベルマーレフットサルクラブの皆さんによるトーク&プレゼントコーナー、足柄1市5町のキャラクターたちも登場しました。こがけん・ですよ。・こりゃめでてーなの3組によるお笑いライブでは、大きな笑いが生まれていました。
チャンピオンステージでは、若手芸人によるネタの他、クラウドファンディングの支援者によるステージ企画も実施され、どのステージも賑わっていました。スベリーは全ステージでMCを務め、1日中会場を駆け回りました。

出典: FANY マガジン
出典: FANY マガジン

ラストは、スベリーがダンスの振付を担当した大井町のイメージキャラクター、すいっぴーのテーマソング「ハッピーラッキーすいっぴー!」でエンディング。その場にいた子どもたちの多くが振付を覚えていて、楽しそうに力一杯踊る姿が感動的な場面となりました。

出典: FANY マガジン
出典: FANY マガジン

興奮冷めやらぬうちにすべてのプログラムが終了。「応援してよかった!支援してよかった!と思ってもらえるようなめちゃくちゃ素敵なイベントにします!」と語っていたスベリー。大井町、出演者、クラウドファンディングで支援頂いた方始め、たくさんの人たちに支えられ、初めてのフェスは、大盛況のうちに幕を閉じました。

出典: FANY マガジン
出典: FANY マガジン

スベリー杉田 プロフィール

出典: FANY マガジン
©吉本興業

NSC東京7期生。ロックバンドQUEENのボーカル、フレディ・マーキュリーを真似した、「スベリー・マーキュリー」というキャラが人気。2016年より、大井町笑顔特派員として活動中。「笑い」と「笑顔」から、町の魅力を発信する活動をしている。

関連記事

関連ライブ