テンダラー浜本家は7人きょうだいの大家族! 「気にかけている“弟”がいっぱいおる」【よしもと家族ゲーム④】

よしもと家族ゲーム

「もしも、家族や親戚を吉本芸人で構成するとしたら誰にしますか?」。芸人たちに、自分の理想のファミリーを吉本芸人のなかから選んでもらう企画。

「もしも、家族や親戚を吉本芸人で構成するとしたら誰にしますか?」。芸人たちに、自分の理想のファミリーを吉本芸人のなかから選んでもらう企画。

「もしも、家族や親戚を吉本芸人で構成するとしたら誰にしますか?」。父、母、長男、長女、次男、次女、親戚のおじさん・おばさん、家庭教師……。いま人気の芸人たちに、自分の理想のファミリーを吉本芸人のなかから選んでもらいました。選んだ理由やエピソードを紐解くことで、芸人たちとの関係や、知られざる一面を引き出していきます。今回登場するのは、テンダラー浜本広晃の”家族”です!

出典: FANY マガジン
出典: FANY マガジン

懐の深い寛平パパと、優しい心遣いのきよしママ

【父親】間寛平(吉本新喜劇GM)

出典: FANY マガジン

コロナ禍で劇場が閉まったとき、舞台の仕事がなくなってしまって、YouTubeチャンネルを始めたんです(『テンダラー浜本のゆる〜く VINTAGE CAR LIFE』)。そしたら寛平師匠が心配して、「YouTube、どうや? 出たるで〜」と電話をくださって。それで出演していただいたら、200万回以上再生されました。僕のYouTubeチャンネルの中でも、いちばん多い再生回数です。そういうこともサラッとやってくださる。あんなに懐の深い方はいないですよ。お父さんになったら、いつも笑顔で背中を押してくれそうですよね。

【母親】西川きよし

出典: FANY マガジン

男って、オカンに対して反抗期があるじゃないですか。オカンから真面目に何か言われたら、余計に反抗してしまうんですけど、きよし師匠がお母さんなら、「やらなあかんでしょ!」と叱られたときでも、「もうええって!」って反抗しながらも「……わかった、やるよ!」みたいな感じで素直に言うこと聞けそう(笑)。きよし師匠とは過去に番組を一緒にやっていたこともあって、舞台で会うと必ず声をかけられます。いつも気にとめてくださって、その心遣いもオカンみたいやなぁと思います。

出典: FANY マガジン
出典: FANY マガジン

ポン太は自然の中でたくましく生きる兄

【長女】海原ともこ

出典: FANY マガジン

ともこ姉ちゃんは、男の先輩よりも相談しやすいかもしれません。僕のために涙を流してくれるような、優しさと熱さがあるんですよね。それに、しっかり者やけどヌケてるところも、いかにもお姉ちゃんっぽいです(笑)。劇場で出番が一緒になったときは楽屋に遊びに行って、とりとめのない話もよくします。「こないだハワイでこんなお土産があって〜」ってキャッキャ話している姿もかわいらしいです。この企画の「お姉ちゃん枠」は、芸人全員が「ともこ姉ちゃん」と答えてもおかしくないくらい、“キングオブお姉ちゃん”です。

【長男】土肥ポン太

出典: FANY マガジン

以前、ポン太さんの畑を手伝いに行って、一緒に、害獣対策で畑を網で囲ったことがあるんです。それが次の日、網の隙間からシカが侵入していて、ポン太さん、「くそーっ!!」って叫んでいました。それでも、「でも、アイツらも必死なんや。食わなあかんから……!」と。農作業って、めちゃ大変やなと改めて知りましたね。ポン太さんがお兄ちゃんやったら、早々に実家を出て、山で農家をするたくましい兄でしょう。たまに帰ってきては「止まない雨はないぞ」と、自然と人生論をうまいことかけ合わせたアドバイスをくれそうです。

【次男】浜本本人

出典: FANY マガジン
出典: FANY マガジン

【次女】海原やすよ

出典: FANY マガジン

ともこ姉ちゃんが“キングオブお姉ちゃん”なら、やすよは“キングオブ妹”ですね。妹やけどしっかりしてて冷静。やすよのひと言で、我に返ることも多いです。楽屋で、やすともの2人と一緒にしゃべってたら、話題が尽きなくて、なんか自分もOLになった気分になるんですよね(笑)。「昼下がりのOLってこんな感じでしゃべってるんやろうな〜」と想像してしまいます。

3人の弟はしっかり系、危なっかしい系、そして癒やし系

【三男】とろサーモン・村田秀亮

出典: FANY マガジン

楽屋で村田を見つけると、うれしくなります。純粋にしゃべっていておもしろいんです。肩の力が抜けるというか、なんでもダラダラしゃべれるんです。僕がYouTubeチャンネルをやるときも、めっちゃ相談に乗ってくれました。あと、キャンプのこともいろいろ教えてくれるし、気が合うんです。“頼りになる自立した弟”って感じですね。

【四男】プラス・マイナス 岩橋良昌

出典: FANY マガジン

岩橋は心配ですよね〜。“ずっと気にかけておかないといけない弟”です。しゃべると楽しいし、かわいらしいんですよ。でも、「昨日まで元気やったのに、今日はえらいテンションが低いな……。大丈夫かな」みたいなことがよくあるから、なんか気になるんですよね。

【五男】清水啓之(吉本新喜劇)

出典: FANY マガジン

いちばん気を使わない後輩かもしれません。安心感がある。以前、僕の家で一緒にゴハンを食べたとき、食後に僕が寝てしまったんですよ。パッと目を覚ますと、啓之が食器を洗いながら僕を見てニコニコしていて、「兄さんが寝るということは、安心してくれているんだなぁ、信頼してくれているんだなぁと思って」ってうれしそうに話すんです。以前、啓之の車の運転で、僕が助手席で寝てしまったときも「安心してくれている……」とうれしかったそうです(笑)。

米やそうめんを持ってきてくれる“親戚のおばちゃん”

【親戚のおじさん】モンスターエンジン・西森洋一

出典: FANY マガジン

僕も西森も車やゴルフが好きで、趣味が合うんです。たまに会っては車やゴルフの話で盛り上がるみたいな関係で言うと、親戚のおっちゃんですかね。「あのおじさん、いつも東大阪の工場で変なモン作ってるな〜」とか思いそうです。見た目もおっさんですしね(笑)。

【親戚のおばさん】笑い飯・哲夫

出典: FANY マガジン

親戚のおばちゃんって優しいイメージがあるんです。哲夫は仏教に詳しいこともあって、「なんでも許そう」という慈悲の心を持っていると思うんです。「お寺はいいよ〜」と優しくすすめてくれたりね。哲夫は奈良の実家で米を作っているので、たまに米やそうめんを持ってきてくれたりするところも親戚のおばちゃんっぽいです。

【家庭教師】ブラックマヨネーズ・小杉竜一

出典: FANY マガジン

僕にとっては、すべての芸人が家庭教師に当てはまるんですよね。しゃべっていると、絶対に何か教えてくれることがあるから。なかでも小杉は、たまにしゃべるとええこと言うので、人生のタメになる話をしてくれそうです。で、教えに来てくれるたびに「太ってきたな〜」とか「ハゲてきたな〜」と思うんでしょうね(笑)。

出典: FANY マガジン
出典: FANY マガジン

公演概要

吉本興業110周年感謝祭『テンダラー漫才会』

【日程・会場】
6月12日(日) 金沢アートホール(石川)
<漫才会>開場14:30 開演15:00
<アフタートーク>開場17:30 開演18:00

7月30日(土) 浅草・木馬亭(東京)
<漫才会> 開場14:30 開演15:00
<アフタートーク>開場17:30 開演18:00

8月27日(土) 鎌倉能舞台(神奈川)
<漫才会>開場11:30 開演12:00
<アフタートーク>開場14:30 開演15:00

10月8日(土) 大須演芸場(愛知)
<漫才会>開場13:30 開演14:00
<アフタートーク>開場16:30 開演17:00

11月5日(土) 広島市南区民文化センター(広島)
<漫才会>開場17:30 開演18:00

12月17日(土) 千葉市民会館(千葉)
<漫才会>開場14:00 開演14:30
<アフタートーク> 開場17:00 開演17:30

【チケット】
<漫才会>前売3,500円 当日4,000円
<アフタートーク>前売2,000円 当日2,500円

FANYチケットはこちらから。

関連記事

関連ライブ配信

関連ライブ