INI、アリーナツアー&新冠バラエティにファン大興奮! 3RDシングル発売記念イベントでサプライズ発表

グローバルボーイズグループ・INI(アイエヌアイ)が、初週73.7万枚の売り上げを記録した最新シングル『M』の発売記念イベント『「M」COMEBACK SHOW』を9月27日(水)に都内で開催しました。この日は『M』を購入したMINI(INIファンの呼称)の中から抽選で600人が来場。待望のINI初のアリーナツアーの詳細や、10月スタートの新バラエティの情報も発表され、MINIたちを大いに沸かせました。

©LAPONE ENTERTAINMENT
©LAPONE ENTERTAINMENT

8月に発売された3RDシングル『M』のヒットで、INIはデビューから3作連続のハーフミリオンを達成。この日のイベントはライブ配信もされ、多くのMINIたちが熱い視線を送るなか、初披露を含む全4曲をパフォーマンスしました。

松田迅が鏡の中でアートなショット

MINIたちが握りしめるLIGHT STICKが会場を美しく彩るなか、タイトル曲『Password』からイベントがスタート。さらに、パワフルなベースと躍動感たっぷりのダンスが心地よい高揚感を与えてくれる『Shooting Star』を初パフォーマンスしました。

©LAPONE ENTERTAINMENT
©LAPONE ENTERTAINMENT

続いてメンバーたちが、『M』制作時のビハインドフォトとともに、レコーディングやMV(ミュージックビデオ)撮影時を振り返ります。

尾崎匠海の無防備な寝顔や、体を「へ」の字に折り曲げてソファの背もたれに倒れ込む後藤威尊、猛暑のなか、カフェでひと休みする田島将吾……また、『Password』のMV中にある真下からのアングル撮影のオフショットでは、網上のボードの上でぽつりと座る西洸人が映し出され、メンバーからは「焼きトウモロコシ!」という絶妙な“たとえ”が飛び出しました。

なかでも印象的だったのが、合わせ鏡の前で真剣な表情を見せる松田迅のショットで、最年少とは思えない色気たっぷりの表情が鏡の奥へ連なるアートのような写真が映し出されると、会場からはうっとりとしたため息が。ほかにも、藤牧京介の誕生日をお祝いする様子や、渋谷のサイネージ広告前で撮影した記念写真など、メンバーたちの仲のよさがにじみ出ていました。

©LAPONE ENTERTAINMENT
©LAPONE ENTERTAINMENT

アリーナツアーの詳細発表にどよめく会場

メンバーたちの甘い歌声と、両手をポケットに入れてたたずむような振りが印象的な『STRIDE』を初パフォーマンスした後、「今日、この場で、大事なすごいお知らせがあります!」とおもむろにカンペを手にするリーダーの木村柾哉。

バックスクリーンには、MINI待望のアリーナツアーの詳細が映し出され、ツアータイトル『2022 INI 1ST ARENA LIVE TOUR BREAK THE CODE』や開催場所の情報が発表されました。「大阪城ホール」や「マリンメッセ福岡」の名前が出ると、会場からはどよめきが。凱旋公演となる佐野雄大と池﨑理人は、「大阪でライブがあったら、『大阪、ただいまー!』ってやりたい」(佐野)、「『マリンメッセ福岡』といえば、アーティストのライブで行ったこともあるし、憧れの場所でした。ありがとう、MINI!」(池﨑)と喜びを語りました。

©LAPONE ENTERTAINMENT
©LAPONE ENTERTAINMENT

また、10月23日(日)から日本テレビとHuluで、INIの冠バラエティ『INIの推しごとです!』が放送されることも発表され、MINIたちから驚きと喜びの声があがりました。

最後は、全員が着席し、ハンドマイクで『Mirror』をしっとりと丁寧に歌い上げてイベントは終了。最後はメンバー一人ひとりが、MINIたちに感謝のメッセージを送りました。

「本当に愛されているんだなと」

「今日は初めて座って、ハンドマイクで歌を届けたのですが、いつものダンス&ボーカルとは違った良さが出たかなと思いました。ありがとうございました!」(藤牧京介)

「こうして一つひとつ楽しい思い出をくれて本当に嬉しいです。これからも応援よろしくお願いします。みんな大好きです」(佐野雄大)

©LAPONE ENTERTAINMENT
©LAPONE ENTERTAINMENT

「皆さんとこうしてライブができる機会は少ないから、ちゃんとありがとうを伝えたいと思っています。いつも応援ありがとうございます」(尾崎匠海)

「今日は久しぶりにMINIの前でライブができて、改めてすごく嬉しいという気持ちとありがたいなという気持ちでいっぱいになりました。1STシングルから、2ND、3RD とこんなにたくさん支えられて、多くの方に見てもらえるのは幸せなことだと思います。これからも皆さんにいろいろなものを届けられたらいいなと、今日、強く感じました」(木村柾哉)

©LAPONE ENTERTAINMENT
©LAPONE ENTERTAINMENT

「3RD シングルをたくさん盛り上げてくれて、感謝しかないです。12月に控えているツアーへの思いも強くなりましたし、本当に愛されているんだなって思いました。よっしゃー! 頑張るぞ! オー!」(松田迅)

「3RD シングル『M』がすごく好きなので、こうして収録されている4曲をリアルタイムでお届けできて、とてもうれしかったです。これからツアーがあったりと、これからも突き進んでいくので、またこうして会えたら嬉しいです」(髙塚大夢)

©LAPONE ENTERTAINMENT
©LAPONE ENTERTAINMENT

「今日の発表は僕たちもすごく嬉しいし、みんなが喜んでくれているのを見て、もっと嬉しくなるし、頑張れそうです。アリーナツアーが楽しみ。MINIの皆さんも楽しみにしていてください」(後藤威尊)

「最近、みんなと直接会えることが奇跡だなと思って、ありがたみを感じています。これからアリーナツアーなどありますが、それらを大事にして、もっと大きな自分たちの姿を見せられるよう頑張ります」(西洸人)

「今日はいつもの数倍楽しくて、皆とこうして会えて、元気な姿をお見せできて、幸せな時間でした。僕たちもまだまだライブを頑張っていくので、またお会いしましょう」(池﨑理人)

©LAPONE ENTERTAINMENT
©LAPONE ENTERTAINMENT

「こうして皆さんと会えて、また(直接)会えない人にも歌声を届けられて、幸せだなと思っています。皆さんと会うことが自分の生きるモチベーションになっているので、感謝しています。ツアーに向け、まだまだ準備していきますので楽しみにしていてください」(許豊凡)

「もっとINIが大きくなっていけるよう、期待以上のパフォーマンスやコンテンツを創っていきたいと思っています。皆さんにいっぱい元気になってほしいという気持ちで、これからもINIは11人で突っ走っていこうと思います。応援、よろしくお願いします」(田島将吾)

関連記事

関連ライブ配信

関連ライブ