同姓同名候補、映画の主人公、無敗の男…注目の選挙区はこれだ! “選挙芸人”山本期日前が見たオモシロ総選挙

10月31日(日)に投開票される「第49回衆議院議員選挙」は、コロナ禍になって初の、そして岸田文雄首相が誕生して初の総選挙となります。ここ数年、圧倒的な支持を得てきた自民党の議席はどうなるのか――公示日の10月19日(火)、全国の選挙ウォッチが趣味で、政治の世界に精通するお笑いコンビ・ゆかいな議事録の山本期日前に話を聞きました。注目の選挙区から、地域の選挙あるある、ボランティアの秘密など、政治の世界は面白い話が盛りだくさん!

出典: FANY マガジン

小池百合子都知事との「縁」

――選挙が好きになったきっかけを教えてください。

地元の選挙区に、自民党議員で元農水大臣の斎藤健さん(現衆院議員、千葉7区)という方がいらっしゃるんですが、中学生のころにあった選挙でやっていたのが、「最初はグー。さいとうけん!」というあいさつ。「じゃんけん」と「さいとうけん」があんまりかかってないし(笑)、中学生ながら「これは何なんだ」って衝撃を受けました。
気になって斎藤さんのプロフィールを調べてみると、学歴にハーバード大学の大学院って書かれていて、「ハーバード出ている人が、なんでじゃんけんをやっているんだろうな……」って思って。さらに、ハマコー(故・浜田幸一元衆院議員)さんっていう暴れん坊の議員さんが、選挙のときにやってきて、斎藤さんと一緒に土下座したのを見て、「なんでこんな頭のいい人が、土下座をしているんだろうな」って……。そんなことが重なって、選挙や政治のことを調べ始めました。ちなみに、斎藤さんは、じゃんけんのくだりをやめ始めた途端に当選し始めましたね(笑)。

――そうした政治の知識を芸人としての活動に生かすようになったんですね。

NSC(吉本総合芸能学院)のとき、特に意識することなく政治関連のネタをしていたら、講師の野々村友紀子さん(放送作家)に「政治に興味があるんなら、それに関するネタを探したほうがいいよ」ってアドバイスをいただきました。それから都知事・小池百合子さんの政治塾に通ってみたり、実際に選挙活動をするボランティアに参加したりしました。

出典: FANY マガジン

――小池都知事とは、ちょっとした“縁”があるそうですね。

2016年の東京都知事選のとき、小池さんの演説を見に行ったんですよ。演説が終わったあと、小池さんが聴衆の一人ひとりと握手をしていて、僕もその流れで握手をしてもらいました。「よかったなー」と思ったんですけど、よくよく僕の人生を振り返ったとき、それまで誰とも付き合ったことがないですし、女性とも話したことがほとんどなくて、そういえば握手もしたことないなって……。結果的に、僕、人生で初めて手を握った女性が小池知事でした。

――そうなんですか(笑)。選挙芸人として、まずは今回の議席の予想をしてみてください。

233議席が過半数ですが、自民党は単独でこれを超えるかなと。もっとも、単独過半数を確保するのに加えて、国会を安定的に運営できる「絶対安定多数」の261議席には届かず、240あたりじゃないかと思っています。岸田さんの掲げる目標が「自民党・公明党で過半数」っていう低い目標で、どう考えても「勝ち」になる設定なんですよ。なので、誰一人負け顔にならない、ふわふわした感じで終わっちゃうんじゃないかなって思っています。
ただ、コロナで読めない部分があって。事前の世論調査と当日の結果が分かれたりするんですよ。最後まで投票先が決まっていない無党派層の人たちの投票いかんでは、どう転ぶかわからなくて、もしかしたら自民党がもっと議席を落とすかもしれないし、そのままかもしれないし……。今回、最後までわからない選挙なので、あまり世論調査は信用しないほうがいいと思います。

――芸人としての夢を教えてください。

むかしは『M-1グランプリ』で優勝して「桜を見る会」(首相主催の公的行事で2020年以降中止に)に行きたかったんですけど、それも言えなくなったので(笑)。いまは「47都道府県の選挙あるある」を作りたいなと思っています。地域によって、ぜんぜん文化が違うので、市区町村まで落とし込んで、ぜんぶ言えるようになったらいいなって思います。

出典: FANY マガジン

うどんは選挙違反にならない⁉

そんな山本が集めた「選挙あるある」の一部を教えてもらいました。
※あくまでも山本期日前が思う「選挙あるある」です。

【沖縄県】
政治家もかりゆしウェアを着ているので、タスキをかけてないと誰が候補者か見分けがつかない。

【北海道】
牛の乳の出に影響が出るので、牧場の前では選挙カーの音を切るそうです。選挙のときだけ、人間の赤ちゃんよりも牛を優先する「インドの世界観」になります。

【静岡県】
選挙事務所で出すお茶、支持者の要求高め。

【香川】
選挙期間中にお茶やお菓子以外、たとえば、おにぎりを配ると選挙違反になる可能性がありますが、香川ではうどんの提供は茶菓子と同じ分類にされていて、なぜか許されると言われています。

出典: FANY マガジン

恋愛も生まれる選挙ボランティア

選挙にはボランティアスタッフの力が必要不可欠です。実際に選挙事務所でボランティアとして活動したことがある山本に、その裏側を聞きました。

募集方法:各候補者の公式ホームページに問い合わせフォームがあるので、そこから応募できます。僕はなんのツテもないし、そんなフォームがあることも知らなかったので、最初は駅で演説している議員さんに「選挙を手伝ってみたいんですけど」って声をかけました。でも、なんの脈絡もなく声をかけたので、2週間くらいは敵陣のスパイだと思われていましたね(笑)。


仕事内容:メインはビラ配り・電話掛け・政治活動期間中のポスティング。おカネのある候補者はプロのウグイス嬢を雇うんですけど(上限1日15,000円)、おカネがない人はボランティアでまかなうこともあるので、実際に選挙カーに乗ってマイクを握ることがあります。選挙カーに乗ると気持ちいいですよ。基本的に、沿道の人たちに手を振ると振り返してくれるので、殿さま気分になれるんです(笑)。

あと、商店街とかで候補者と陣営スタッフが並んで歩く姿を見ませんか? あれは「ももたろう」と呼ばれていて、スタッフがビラを通行人に渡して、ビラを受け取った通行人に候補者が握手しにいくという陣形ができているんです。「1握手1票」って言われているので、ポケットにカウンターを入れておいて、握手したら押して集計する人もいるそうです。


出典: FANY マガジン

衝撃を受けたエピソード:めちゃくちゃあります。ふつうに事務所内にスパイがいたり、事務所の前で汚物をばらまかれたり、ポスターをビリビリに破られたり……怖いじゃないですか。でも、ベテランの人たちは「妨害されているってことは、相手陣営が焦っているって証拠だ」って喜んでいて、「なんなんだ、この世界!」と衝撃でした。
あと、チームでひとつになって候補者を応援するから、学校の文化祭みたいになるんですよ。そうすると、舞い上がってめちゃくちゃカップルが生まれたりして(笑)。事務所内で結婚することもありますが、逆に候補者は選挙がきっかけで別れることもあります。


選挙カー:マニュアルに関しては、ある陣営とマニュアルはいいからやってみなスタンスの陣営があります。ただ、手を振るとき、(じゃんけんのパーみたいに)手を開けて振ると、その間から票が逃げるので閉じて振るとか、通行人が誰もいなくても「お手を振っていただきありがとうございます」と盛り上がっている感を演出するとか、テクニックやジンクスはあります。
選挙カーのエピソードで言うと、「手を振ったのに返さなかった」って選挙事務所にクレームが来ることがあるんですよ。だからウグイス嬢の人は、シューティングゲームのようにまわりをよく見て、「マンションの4階から手を振っていただきありがとうございます」みたいなフォローをしていますね。


出典: FANY マガジン

注目の小選挙区は?

全国の小選挙区をウォッチしている山本に、注目の選挙区を聞きしました。

【島根1区】
この選挙区には、自由民主党の細田博之さんの他に、立憲民主党の亀井亜紀子さんと無所属の亀井彰子さんという同姓同名の「カメイアキコ」さんがそろいました。

立憲民主党の亀井さんは、いままで「亀井あきこ」で活動していたんですけど、「亜紀子」を覚えてもらわないといけないので、今回の届け出は「かめい亜紀子」に名前を変えています。これまでも、相手候補の票を分散させるために似ている名前の候補者を出すなど、“同姓同名作戦”というのは結構あったのですが、今回はどうなるのか気になります。

出典: FANY マガジン

【香川1区】
こちらは、自由民主党の平井卓也さんと立憲民主党の小川淳也さんがバチバチに戦っている選挙区なんですけど、昨年、小川さんを追いかけるドキュメンタリー映画「なぜ君は総理大臣になれないのか」が公開されてヒットしたんですよ。
一方で、平井さんはデジタル改革担当大臣にもなった超重鎮。しかも、地元で超巨大一族のご子息なので、そこに小川さんがどう挑むかというところが見どころです。
ただ、1対1の構図だったところに、日本維新の会の町川順子さんが立候補したことによって、反自民党票が分散されてしまうんじゃないかって危惧されています。この選挙が終わった後に映画の続編が出ることが決まっていて、どっちの展開になるのか、関心を集めています。

【茨城7区】
自民党の永岡桂子さん、日本維新の会の水梨伸晃さん、立憲民主党の中村喜四郎さんが候補者の区で、なかでも中村さんは“無敗の男”って言われていて選挙にめちゃくちゃ強いんですよ。
実は中村さんって、出生時は伸っていう名前だったんですけど、より票を取るために、議員をやっていたお父さんの名前である喜四郎に戸籍名を変えています。しかも、もともと自民党だったんですが、いろいろあって無所属になって、そのあとの選挙でも勝っちゃうくらい鉄壁の強さを誇っているんです。
そんな中村さんは、これまで公明党の応援を受けつつ、無所属で勝っていました。でも今回、中村さんが立憲民主党から出馬することになった。公明党と立憲民主党はバチバチなので、今回は自民党の永岡さんを応援するんじゃないかと言われています。茨城はもともと自民党が強いと言われていますし、“無敗の男”が敗れるかどうか、注目しています。

出典: FANY マガジン

出演予定番組

読売テレビ『総選挙.net ライブ 2021 ~選挙の「なんで?」解決スペシャル~』
10月31日(日)19:50~生配信
出演:諸國沙代子(ytvアナウンサー)、小島康裕(ytv解説委員)、三浦隆志(ytvアナウンサー)
  山本期日前(ゆかいな議事録)、小嶋花梨(NMB48)
内容:若い世代に総選挙を楽しく分かりやすく紹介する生配信特番

配信プラットフォーム:YouTubeチャンネル「読売テレビニュース
番組サイトはこちら

関連記事

関連ライブ配信

関連ライブ