「当たり前だけど声優さんて…」天津・向プロデュース「声優×芸人」異色の朗読劇が大好評

天津・向清太朗がプロデュースする「声優×芸人 朗読劇『WARAI-GOE』」が、11月1日(月)から東京・新宿の紀伊國屋ホールでスタートしました。5人の芸人の脚本が3本ずつランダムで上演されるこの公演。芸人と声優の異色のコラボに、SNSでは「とても興味深く見られた」「3回も違う作品を観れるのは凄い事」などと高評価コメントが並びました。

出典: FANY マガジン

生粋のアニメ好きで、声優とのイベントを年に何十回とこなす向の新たな挑戦――それは、芸人と声優との化学反応です。今回、挑むのは朗読劇! 向、赤松新、しずる・村上純、バイク川崎バイク、ライス・田所仁の5人が書いた脚本に、豪華声優陣たちが命を吹き込みます。

「芸人さんの瞬発力がすごい」

公演は、7つの短編作品を1公演につきランダムで3作品上演。約30分のお芝居をオムニバス形式で楽しめる朗読劇となっています。7日(日)まで開催中で、作品名・作品内容はシークレット。当日、観てのお楽しみです。

初日公演の脚本担当は、バイク川崎バイク、ライス・田所仁、向の3人。出演は、髙橋ミナミ、秦佐和子、Machicoの声優陣に加え、お笑いコンビのライスとセブンbyセブンも参加しました。

朗読劇では笑いあり、涙ありの物語に、声優陣たちが役によって声色やキャラクターを変えて、観客を魅了していきます。芸人たちも負けずに、漫才やコントで培った“演技力”で声優陣をサポートしていきました。

出典: FANY マガジン

それぞれの作品上映後は、出演した声優や芸人たちとクロストーク。ホスト役を務めた向が、出演&脚本を務めた田所に話を聞くと、「すごく当たり前なこと言いますけど、声優さんってすごいですね……。ビックリしました」と、声優陣に圧倒された様子。

そんな声優陣も芸人たちに驚かされたようで、高橋が「芸人さんの瞬発力がすごいなと思いました」と絶賛すると、ライスとセブンbyセブンは“ドヤ顔”をしていました。

出典: FANY マガジン

圧がすごい向は“でたらめ党”の党首!?

公演の最後に、向は観客に向かって「感想はぜひ『#WARAIGOE』でツイートしてください。私は“絶対に”見ますので!」とお願い。さらに「いろんなところで“面白い”って言ってください。ほぼ強制です! (SNSの)アカウントがない方は開設してください!」と熱を帯びて訴えていると、「圧がすごい」「選挙出てた?」というガヤが。向は「どうも、“でたらめ党”の党首です」と挨拶して、会場に笑いを起こしていました。

出典: FANY マガジン

そんな向の“強制”が効いたのか、さっそくTwitterに投稿されたコメントでは「キャラによって顔も違うんじゃないかっていう表現が凄かった」「とても興味深く見れた」「3回も違う作品を観れるのは凄い事」「満足感・余韻が心地良い」などと大好評でした。

公演は11月7日(日)まで開催中。劇場チケットはもちろん、オンラインチケットも発売中です。

公演概要

『声優×芸人 朗読劇「WARAI-GOE」』
日時:11月1日(月)~7日(日)
脚本(五十音順):赤松新、しずる 村上、天津 向、バイク川崎バイク、ライス 田所
場所:紀伊國屋ホール
チケット:前売4,800円 当日5,300円
配信チケット:ムカイワークス会員3,000円(GoTo割引2,400円) 一般 3,500円(GoTo割引2,800円)
※見逃し視聴はムカイワークス3週間、FANYオンラインチケット1週間。

FANYチケットはこちらから。
FANYオンラインチケットはこちらから。
ムカイワークスはこちらから。

関連記事

関連ライブ配信

関連ライブ