“地方創生”テーマに『BSよしもと』開局! 西川きよし、東野幸治、和牛らが登場「400年やっていきましょう!」

地方創生をコンセプトにした吉本興業のテレビ局『BSよしもと』(265ch、無料放送)が、3月21日(月・祝)についに開局しました。同日正午から放送された記念特番には、西川きよし、東野幸治、和牛(水田信二・川西賢志郎)らが登場し、開局宣言&鏡開きを行いました。新チャンネルでは今後、「“笑いの力“で地域を元気に!」をテーマに、地域の魅力を全国に向けて発信していきます。

出典: FANY マガジン
出典: FANY マガジン

目標は「一番組一起業」!

「映っていますでしょうか? 僕はまだ『芸能人が本気で考えた!ドッキリGP』(フジテレビ系)だと思っています!」

開局日の正午、スタジオがある「すみだメディアラボ」(東京都墨田区)の敷地前広場から始まった特番は、47都道府県の住みます芸人とともにカメラの前に立った東野のこんな言葉で幕を開けました。

吉本興業は、47都道府県のそれぞれの地域に芸人が”住みます芸人”として居住する「あなたの街に住みますプロジェクト」を2011年に始めるなど、10年以上にわたって地方創生事業を進めてきました。BSよしもとは、そうした取り組みで培ってきたノウハウを集めたユニークなテレビ局です。

チャンネルでは、地域の魅力や、その地方ならではのニュースなど「地域の活性化や課題解決のヒント」となるプログラムを発信。BSの全国ネット放送網を通じて、番組が地域で新たなビジネスや雇用を生み、ひとつの事業となる「一番組一起業」を実現できるチャンネル作りを目指します。

出典: FANY マガジン
出典: FANY マガジン

平日10時間以上の地方創生バラエティを生放送していきますが、なかでも目玉番組は『Cheeky’s a GoGo!』。月曜から金曜の13:00~17:00まで放送される4時間の生放送番組で、曜日ごとに各地域からさまざまな映像を集め、ローカルニュースや現地の情報、各地の観光スポット、グルメ情報などを紹介していきます。

さらに各地の住みます芸人が、地域の課題を事業で解決し起業を目指す「住みます!やります!頑張ります!」コーナーなど、地域密着型の企画が盛りだくさん。各曜日のMCは、地元出身の人気芸人が務めます。

開局日には、開局特番として『Cheeky’s a GoGo!』の拡大版『Cheeky’s a GoGoGo!』が6時間のぶっ通しで生放送されました。

イチかバチかのギャンブル!?

特番のメインMCを務めるのは東野と和牛。「吉本がBSに局を持つというイチかバチかのギャンブルに出ます!」と力を込める東野は、「ハッピーなチャンネルにしていきましょう」と盛り上げます。和牛・水田も「今日、番組表見てきたんですよ。265チャンネルにちゃんと(局名が)あって、録画予約も押してきました」と、いつになく興奮気味です。

冒頭の広場からスタジオに向かう途中には、吉本興業ホールディングスの大﨑洋会長の姿が。「4カ月続けるぞ!」と言葉をかけられた東野は、「400年やっていきましょう!」と大きく盛って返していました。

スタジオ前で一同を出迎えたスペシャルゲストの西川きよしは、改めて視聴者に向けてこう挨拶しました。

「吉本興業110年の歴史のなかで、僕も59年間お世話になりましたが、まさか吉本にBSができるなんて夢にも思わなかったです。みんなで心をひとつにして、子どもさんからお年寄りまで楽しんでいただける『BSよしもと』にしたいと思います」

開局宣言のあとは、きよし、東野、和牛がそろって「小さなことからとコツコツと!」の掛け声とともに鏡開き。いよいよ『BSよしもと』のスタートです!

出典: FANY マガジン
出典: FANY マガジン

各地域の代表がプレゼンバトル

今回の特番では、開局を記念した特別企画が目白押し。『Cheeky’s a GoGo!』各曜日のレギュラーMCがキャプテンとして見守るなか、それぞれの地域の“住みます芸人”らが「おらが町自慢」を1分間で熱くプレゼンしていきます。47都道府県にかけた賞金4万7000円がもらえる“MVP”を決定するのは、メインMCの東野と和牛です。

【月曜日:関西・東海ブロック】
キャプテン:トータルテンボス(藤田憲右、大村朋宏)

大道芸芸人や阪神タイガースの“選手ものまね”を得意とする芸人などがプレゼンするなか、MVPを獲得したのは大阪・西成区住みます芸人のガオ~ちゃんです。「ガオ~!」というギャグで場を盛り上げたあとは、西成をプレゼン。西成は朝8時から焼肉が食べられるモーニングメニューがあることや、YouTubeで話題の焼肉店「やまき」などを紹介。MVPに選ばれると、特大の「ガオ~~!」で喜びを表現しました。

【火曜日:中国・四国ブロック】
キャプテン:次長課長(河本準一、井上聡)

このブロックでは、徳島県応援芸人の中山女子短期大学がMVPを獲得。高級砂糖・和三盆の本場である徳島県民のソウルスイーツ「阿波 棒ういろ」(竹内製菓)を紹介しました。モチモチの食感と控えめな甘さが特徴で、なによりもスゴイのは、同社のラインアップが「阿波 棒ういろ」のみだということ。これ1本で多店舗展開できるほど愛されていることから、「これと決めたらやる姿勢、県民に愛されている姿、この『阿波 棒ういろ』こそ、僕たち地方芸人のあるべき姿ではないでしょうか!」と熱くプレゼンしました。

【水曜日:九州・沖縄ブロック】
キャプテン:パンクブーブー(佐藤哲夫、黒瀬純)

熊本県を拠点に活動する芸人・安井政史は「幻の酒」と呼ばれる1本を紹介してMVPを獲得しました。県内を流れる球磨川は、“日本でトップクラスに綺麗な川”と言われます。この水で育った米などを使用し、米の甘みやうま味を引き出す樽仕込みで作られた「球磨焼酎」は、ストレートでもロックでもおすすめの逸品。安井のあまりにも熱のこもったプレゼンに、東野からヤジが飛んで慌てふためく一幕もありました。

【木曜日:関東・甲信ブロック】
キャプテン:トレンディエンジェル(斎藤司、たかし)

このブロックでMVPとなったのは、神奈川県住みます芸人のアホマイルド坂本。一生懸命、地元の魅力を語りますが、言葉のふしぶしから感じる“決意”に東野は大笑い。

「男が情報番組をやるぞ、と命をかけたらこんなになるんですね! カッコええなと思って」

そんな坂本は、1946年創業の横浜の洋食店「センターグリル」にロケへ。歴史あるナポリタンを美味しそうにほおばって、食レポしました。川西はMVPに選出した理由について、「男の覚悟と色気の見えたロケ(がよかった)」と語りました。

【金曜日:北海道・東北・北陸ブロック】
キャプテン:ハイキングウォーキング(松田洋昌、鈴木Q太郎)、とにかく明るい安村

11組のプレゼン合戦が続いたこのブロックで栄光のMVPを勝ち取ったのは、山形県住みます芸人のソラシド(本坊元児、水口靖一郎)。平日でも行列ができる県内屈指の超人気店「赤湯ラーメン 龍上海」の赤湯からみそラーメンを紹介しました。モチモチ食感の自家製麺と数十種類の材料で作ったこってりスープ、そして赤湯産の唐辛子を使った辛みそがマッチングし、一度食べたらクセになるというメニューでした。本坊は「優勝したい!」と同店のお土産を持参し、MCにプレゼント。“ワイロ”を用意する執念で笑いを取っていました。

出典: FANY マガジン
出典: FANY マガジン

そして全ブロックの大MVPに選ばれたのは、神奈川県住みます芸人のアホマイルド坂本。坂本には賞金として4万7000円が贈られ、合計9万4000円を手にしました。東野は選出理由として、「覚悟が見えた」と称賛。坂本は「すぐにキュートン(坂本や椿鬼奴らによる人気ユニット)に連絡網で回したいと思います」と喜びを語っていました。

BSよしもとは、平日10時間生放送中。土日もスペシャルな番組が盛りだくさんで、地方の魅力と“笑い”を届けます。BS265チャンネル、またはパソコン・スマートフォンで公式サイトから無料視聴できます。

『BSよしもと』公式サイトはこちらから。

関連記事

関連ライブ