JO1金城“筋肉の成長”がエグい!? 2NDアルバム発売記念イベントで「見せないですよ!」

サバイバルオーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN』から誕生したグローバルボーイズグループ・JO1が、セカンドアルバム『KIZUNA』リリースを記念して6月20日(月)にショーケースイベント『PARTY With Us』を開催しました。会場には、購入者のなかから抽選で500人のJAM(JO1ファンの呼称)が招待されたほか、応募者に向けてイベントの模様が生配信。JO1の人気曲を使ったクイズやゲームでメンバーたちが本気の表情を見せたり、JAMに嬉しいサプライズ発表があったりと、今回も大充実のイベントとなりました。

©LAPONE ENTERTAINMENT
©LAPONE ENTERTAINMENT

愛らしいワンちゃんと“With Us”

オープニングのナンバーは『With Us』。肩を組んだ11人のシルエットがステージに浮かび上がると、爽やかなメロディと伸びやかな歌声で早くもJAMたちを魅了します。

「Go to the TOP !  JO1です!」とおなじみの挨拶の後、順番に自己紹介するメンバーたちですが、この日のMCを務めたハリー杉山の流暢な英語に感化されたのか、いつもよりも英語率が高めに。「My name is Sky. Have a nice day」(金城碧海)。「Party With Us, Always With Us 楽しみましょう」(川尻蓮)などの英語挨拶に交じって、鶴房汐恩は「Ladys & Gentleman、Boy meets girl、ミートボールボム」という謎の挨拶で、会場を笑いで包みました。

©LAPONE ENTERTAINMENT
©LAPONE ENTERTAINMENT

初週売上げが自己最高を記録した、5月25日(水)発売のセカンドアルバム『KIZUNA』の収録曲について、ハリー杉山から制作中の思い出などを聞かれると、金城は『With Us』のMV(ミュージックビデオ)撮影を振り返りって、「撮影の最終日にワンちゃんが登場して、めっちゃかわいくて、ワンちゃんと“With Us”しました。みんなで取り合いしていました」と微笑ましいエピソード。

また、通称“ワキラキ”こと『Walk It Like I Talk It』は、MVの撮影が熱海で行われたそうで、大平祥生は「窓を開けると目の前がすぐに海で、すごくリフレッシュできました。楽しかったです」と思い出を語りました。

©LAPONE ENTERTAINMENT
©LAPONE ENTERTAINMENT

一方、すっかり筋肉キャラになりつつあるリーダーの與那城奨は、「メンバーの中で、彼の筋肉が調子いいんです」と、その座を奪われそうなライバルの存在を告白。

「金城碧海! 最近一緒に筋トレをして、成長がエグいんですよ。サイズだけでなく形もよくて、腹筋がバキバキ」

会場中の視線が自分の腹筋に集まっていることを察した金城は「見せないですよ!」と慌ててお腹を隠しました。

©LAPONE ENTERTAINMENT
©LAPONE ENTERTAINMENT

美しすぎる河野のバックコーラス

JO1の曲を使ったゲームコーナーでは、4曲同時にかかるJO1の曲のタイトルを当てる「JO1楽曲クイズ」に挑戦です。ところが、難問続出でメンバー全員が苦戦。なかなか全曲正解にいたらず、鶴房にいたっては「どこかのゲーセン(ゲームセンター)の音」と答える始末でした。

しかし、続く「逆再生で何の曲?」では、木全翔也が覚醒! 逆再生されるJO1の曲のタイトルを次々と答え、正解を連発しました。

メンバーたちの勝負熱が高まるなか、「このアドリブは何の曲?」では、JO1の曲のバックコーラスのみを再生。『流星雨』の河野純喜の高音かつ超ロングトーンの声に、メンバーから改めて「きれい」「すごいやん」「めっちゃうまいやん」と絶賛の声があがりました。

©LAPONE ENTERTAINMENT
©LAPONE ENTERTAINMENT

その後は再び、ピタリと揃ったダンスとパワフルな歌声で『Walk It Like I Talk It』と『Algorithm』の2曲を立て続けにパフォーマンス。

4曲目の『Touch』はリラックスした状態で、11人がステージの前方ギリギリまで客席に近づき、会場をゆっくりと見渡し手を振ったり、近くのメンバーにボディタッチしたり、まさに“絆”を感じさせる1曲に。作詞を担当した河野は「(うちわに)“一緒にタッチしよう”と書いてくれている人もいて、めっちゃ幸せな気持ちになれる曲やなって思いました」と笑顔で語りました。

©LAPONE ENTERTAINMENT
©LAPONE ENTERTAINMENT

最後に、JAMたちが握りしめるライトスティックが一斉にピンク色に変わると、6月23日(木)に23歳の誕生日を迎える川西拓実をサプライズでお祝い。川西は「あまり実感がなかったけど、こうやって皆さんにお祝いしてもらって実感がわいてきました。これからもよろしくお願いします」と、メンバーとJAMたちへ感謝の気持ちを伝えました。

©LAPONE ENTERTAINMENT
©LAPONE ENTERTAINMENT

会場のJAMたちへサプライズプレゼント

最後はメンバー一人ひとりから会場、そして配信を視聴しているJAMに挨拶が。

「今日は一緒に遊んでくれてありがとうございました。配信をご覧の方も楽しめましたか? どんなときもWith Us。これからも一緒に楽しんでいきましょう」(川尻蓮)

「9月のツアーをすごくすごく楽しみにしているので待っていてください。準備しています」(佐藤景瑚)

「もう6月も20日と早いですが、(僕たちは)今年も駆け抜けて、ツアーもありますし、皆さんにたくさん会って頑張りたいと思いますので、これからもよろしくお願いします」(豆原一成)

「あっという間でしたが、徐々に皆と会える機会が増えてきて、これからツアーもありますし、新たなJO1が始まりそうな感じがしているので、わくわくしています」(白岩瑠姫)

©LAPONE ENTERTAINMENT
©LAPONE ENTERTAINMENT

イベントはここで一度、締められたものの、照明が落ちたままの会場から自然とアンコールを求める手拍子が――。

それに応えるように、「呼んだ?」「まだ帰りたくないでしょ!」とメンバーたちが再登場。川尻が「配信は終わったんですが、今日ここで一緒の空間をつくった皆さんのためにもう1曲」と言うと、会場から歓喜の声が。最後はバックスクリーンにメンバーの表情をゆっくり映し出しながら、『ZERO』が披露されました。

©LAPONE ENTERTAINMENT
©LAPONE ENTERTAINMENT

この日は、JO1と24時間365日一緒に過ごせるJO1初のスマホゲームアプリ『&JO1』が夏にリリースされることが決定し、この日からTwitterアカウントが開設されたニュースも発表。最初から最後までJAMたちを大きな幸福感で包み込んだショーケースイベントとなりました。

JO1公式サイトはこちらから。
公式YouTubeチャンネルはこちらから。
『&JO1』公式Twitterはこちらから。

関連記事

関連ライブ配信

関連ライブ