福田健悟の著書『45』2月10日発売決定! 鑑別所で〝45〟と呼ばれたお笑い芸人が自身の半生を綴ったファンタジー自伝小説

2月10日(金)福田健悟の著書『45』が発売されます。福田健悟よりコメントが届きました。

大人気YouTuberカジサックも推薦!

「裏切り、逆転、愛
漫画のような人生とはこの事。即映画化希望」

出典: FANY マガジン
©ワニブックス

カバーは『カバチタレ!』シリーズ、『極悪がんぼ」の東風孝広氏が担当しています。

ストーリー

高校時代に不良の道へ進み、地元の岐阜県で最大の規模を持つ不良チーム「ギャングイーグル」のリーダーとなった福田健悟は、18歳の頃に留置所で2週間、鑑別所で2週間の計4週間を更生施設で過ごした。そして出所後も番号「45」で呼ばれてしまう。己の名前を取り戻すには〝更生〟しなければならない。名前を失った男が名前を取り戻すためにもがき苦しむ自伝的ファンタジー小説。

著者・福田健悟 コメント

出典: FANY マガジン

この本が出版されるのは奇跡です! 表紙を描いてくれた漫画家の東風孝広先生。本の推薦文をくれた先輩のカジサックさん。無名の僕を励まし続けてくれたスリムクラブの内間政成さん。ここまで支えてくれた吉本興業のスタッフさん。そして出版社さん。僕以外の全ての方が全員スペシャリストばかり。僕が乗っている船は泥舟ではなく超豪華客船。船長はどこぞの馬の骨か分からない若造です。と謙遜するのもここまでにして、面白い本に仕上がっているので是非、読んでみてください。「45」を連載中から応援してくれていた読書の皆様の声が、何よりの自信になっています。
(福田健悟/吉本興業所属)

書籍概要

『45』
著:福田健悟/イラスト:東風孝広 
仕様:四六判・並製 
頁数:272頁 
定価:1,430円(税込)
発売日:2月10日(金)
発行:ワニブックス
※電子版と同時リリース!

◆著者:福田健悟(ふくだ けんご)
1986年10月24日生まれ。岐阜県出身。NSC東京22期生。
平穏な家庭に育つも、高校生になり不良の道へ。地元、岐阜県で最大の規模を持つ不良チームのリーダーとなる。他チームとの抗争が原因で留置所に2週間、鑑別所に2週間の計4週間を更生施設で過ごす。出所後、お笑い芸人を目指して上京。コンビニでアルバイトをしながらも舞台と日常を分けずに常に芸人としての自分を貫く。つまらない時間を面白い時間に「更生」するため、お笑い芸人として活動中。

◆イラスト:東風孝広(こち たかひろ)
1972年生まれ。広島県呉市出身。
高校卒業後地元で就職するも漫画家への夢を諦めきれず、24歳のときに大阪へ出て『ナニワ金融道』青木雄二に弟子入り。アシスタントを半年経験したのち『ちばてつや賞』入賞を経て、講談社『モーニング』にて『カバチタレ!』でデビュー。シリーズは『特上カバチ!!』〜『カバチ!!!』へとタイトルを変えて22年間連載、単行本はシリーズ合わせて全93巻で完結。他『極悪がんぼ』シリーズなどがある。

関連記事

関連ライブ配信

関連ライブ