5年目の無名芸人「福田健悟」が小説の執筆に挑んだ理由と連載を勝ち取ったわけ、そして伝えたいこと