連載初回はあの才女! 吉本新喜劇の“推し”座員を紹介! 芸人ライター・吉岡友見、産経新聞で連載「吉本シン新喜劇」スタート! 夕刊 第2、第3木曜日に掲載

FANYマガジンで芸人ライターを務める吉本新喜劇・吉岡友見による連載「吉本シン新喜劇」が4月13日(木)の産経新聞夕刊(大阪本社発行版)の芸能面で始まりました。

出典: FANY マガジン
出典: FANY マガジン

吉本新喜劇では、今年2月に間寛平がゼネラルマネジャー(GM)に就任し、若手の発掘と育成などに取り組んでいます。3月からは、寛平GMが月例会見を開き、その活動を報告していますが、この会見には、新喜劇の”推し座員”も出席しています。

産経新聞の連載「吉本シン新喜劇」では、会見に出席した”推し座員”を中心に、なんばグランド花月地下1階の「YES THEATER(イエスシアター)」を拠点に4月8日から始まった若手座員による「吉本新喜劇セカンドシアター」などを紹介していきます。

連載初回は、2月の月例会見に出席した曽麻綾を紹介。すっちー座長の言葉などもちりばめられ、楽しい記事に仕上がっています。

出典: FANY マガジン
出典: FANY マガジン

吉岡友見からコメントが届きました。

この度、産経新聞さんで連載させていただくことになりました。
大丈夫なんかい。それは私自身が一番思っていますので言わないでください。ははは。
まだまだ世に出ず隠れている個性豊かな新喜劇座員を、身近な座員だからこそ書ける記事
で紹介していけたらと思っています。
若手座員の挑戦の場として生まれた「吉本新喜劇セカンドシアター」を“出る”だけでなく
、“書く”でも盛り上げていきたいと思います!

吉岡友見のFANYマガジン執筆記事はこちら!

吉岡友見の連載は産経ニュースでもお読みいただけます!

【吉本シン新喜劇】曽麻綾 カナダ育ちのクワドリンガル アヘ語にも対応できまっせ

関連記事

関連ライブ配信

関連ライブ