昨年度優勝・カベポスターは一躍人気者に!『ytv漫才新人賞選考会 ROUND1』9月11日放送!

9月11日(日) 15:55より読売テレビにて『ytv漫才新人賞選考会 ROUND1』が放送されます。ROUND1となる今回の出場者は、豪快キャプテン、20世紀、フースーヤ、たくろう、ドーナツ・ピーナツ、丸亀じゃんご、爛々、コウテイ、もも、ダブルヒガシ、チェリー大作戦、天才ピアニストの初出場2組を含む12組。審査員はオール巨人(オール阪神・巨人)、お~い!久馬(ザ・プラン9)、哲夫(笑い飯)、久保田かずのぶ(とろサーモン)が務めます。

『敗者復活枠』導入でさらなる激戦に!

出典: FANY マガジン
©ytv

芸歴10年目以下の若手漫才師を対象とした「ytv漫才新人賞」。3回にわたって選考会を行い、各ROUNDの上位2組ずつ、計6組の漫才師が年度末に開催される決定戦に進出します。さらに今年度から「敗者復活枠」を新設。ROUND1~3の中で最高得点を獲得した敗退者1組にも決定戦出場権が与えられ、計7組で12代目王者のタイトルを争います。

また、例年はくじ引きで決定していた決定戦の出場順についても変更が。早いROUNDで通過したコンビから順に、好きな出場順が選べるというシステムになり、より早く通過することへのアドバンテージが高くなりました。
今回のROUND1では、事前審査を突破した精鋭12組がエントリーし、決定戦に出場できる最初の2組を選考。各組のネタの持ち時間は3分で、4名の審査員による合計400点満点の採点で順位を決定します。

審査員が賞賛したネタとは!?

出典: FANY マガジン
©ytv

昨年度は決定戦に進出し、3位と躍進したフースーヤ(7年目) 。谷口理が彼氏役、田中ショータイムが彼女役となって遊園地デートを繰り広げます。CMのパロディから歴史上の人物のモノマネまで、無数のギャグを織り込みながらの熱演に客席からの笑いが絶えませんでした。審査員のオール巨人は「稽古量が見えて僕は大好き。良かったし、楽しかったです」。久保田かずのぶは「自分達が作ってきたいろんな料理をテーブルに叩きつけられた感じがして、胃もたれがしました」と笑わせつつ、「途中から面白くなってきて、何してんのやろ?と(笑)。そこが良くて新しいなと思いました」と称賛しました。

「ここ最近のドーナツ・ピーナツはヤバいな」

出典: FANY マガジン
©ytv

福岡県出身で選考会常連のドーナツ・ピーナツ(9年目)。「キャバクラに行ったことがない」というドーナツ。そこでピーナツがキャバ嬢に扮し、雰囲気を味わってみることに。しかし、ピーナツはタメ口で口が悪いうえに行動も奇妙で、キレるドーナツのツッコミが止まりません。方言で繰り広げられるテンポの良いネタに、巨人は、「笑いの数もたくさんあったし、うまいし、ネタも面白いし……」と感心。哲夫も「成長が見えるし、ここ最近のドーナツ・ピーナツはヤバいなと思ってます。つかみにも発見があったし、ツッコミの『ぶちのめすぞ』とか、やっぱり口が悪いって面白いですよね」とうなりました。

ツッコミフレーズを巡って賛否両論!?

出典: FANY マガジン
©ytv

女性コンビ・爛々(6年目) は選考会初出場。萌々と大国麗は「付き合うならどの食べ物がいい?」という話題で、たくあんや焼肉など様々な食べ物を挙げながら妄想するという独特の世界観のネタをパワフルなしゃべくり漫才で披露。審査員からは6年目とは思えない堂々とした振る舞いや女性ならではの視点に称賛が集まりました。しかし、一方で、大国のツッコミフレーズ「チョメ」が気になったようで、「チョメ」の使い方を巡って審査員の間でも賛否両論に。強いインパクトを残しました。

ラストイヤーのコウテイは…!?

出典: FANY マガジン
©ytv

一昨年の準優勝コンビ・コウテイ(10年目)は今年度がラストイヤー。「京都で舞妓遊びをしてきた」という下田真生が舞妓に扮し、九条ジョーが客になって、お座敷の様子を再現します。しかし、自称“京都一の舞妓”である下田はもてなしもショーも規格外過ぎて、九条は楽しむことができず……。お~い!久馬は「ボケの数もすごい。終わり方も良くて、毎回恒例にしてもいいぐらいの設定だった」。久保田は「普通の芸人がやったらウケないことでもウケてるし、後半でちゃんと分かりやすいワードも残して、ずるい漫才師だなと思いました」と独特の言い回しで高く評価しました。

「テンポが絶妙にいいんですよね」

出典: FANY マガジン
©ytv

選考会初出場の天才ピアニスト(7年目)のテーマは「早口言葉」。滑舌がいい竹内知咲に、コツを聞くますみ。すると早口言葉でトレーニングするのがいいとのことで、竹内はますみにレクチャーしますが……。何かと言いがかりをつけるもどこかズレているますみに、ツッコむ竹内。2人の掛け合いに観客からは大きな笑いが起こりました。哲夫は、思い出し笑いしながら「女の子同士の言い合いっていうのがめっちゃ鮮やか。テンポが絶妙にいいんですよね」と講評。久馬は「ちょっと贅沢を言わせてもらうと、ボケの1個1個は面白いので、本題の早口言葉でもちょこちょこボケがあれば」と注文を付けました。

全12組を終え、審査員長の巨人は「僕がつけた点数は一番上から下までの幅が非常に狭かった。他の審査員も案外点数の幅がなかったので、非常に難しかったです」と大接戦だったことを明かしました。新ルールとなり今回勝ち抜くことが大きなアドバンテージとなるROUND1。果たして最終決戦への最初の切符を手にする2組はどのコンビなのでしょうか!?

なお、この選考会の模様は放送終了後、読売テレビ公式無料動画配信サービス「ytv MyDo!」、民放公式テレビポータル「TVer」、無料動画サービス「GYAO!」で配信されます。

番組概要

『ytv漫才新人賞選考会 ROUND1』
放送日時:9月11日(日) 15:55~
放送:読売テレビ
出演:豪快キャプテン、20世紀、フースーヤ、たくろう、ドーナツ・ピーナツ、丸亀じゃんご、爛々、コウテイ、もも、ダブルヒガシ、チェリー大作戦、天才ピアニスト(出場順)
審査員:オール巨人(オール阪神・巨人)、お~い!久馬(ザ・プラン9)、哲夫(笑い飯)、久保田かずのぶ(とろサーモン)
選考会MC:藤崎マーケット(田崎佑一・トキ)
番組MC:大悟(千鳥)

関連記事

関連ライブ配信