ミモザーヌ“最年長リーダー”1期生きくたまことが20歳で卒団! 「はかない少女たちを見守っていただけたら…」

吉本興業のプロジェクトから生まれた少女歌劇団ミモザーヌの1期生、きくたまことの卒団公演『Winter Story 〜 きくたまこと卒団公演 〜』が、1月9日(日)に東京・青山の草月ホールで上演されました。この公演を最後に、これまで3年間、最年長としてメンバーを引っ張ってきたきくたはミモザーヌを卒業。その彼女を盛大に送り出す、涙と感動のステージとなりました。

鍛え抜かれたステージで観客を圧倒

出典: FANY マガジン
出典: FANY マガジン

『サクラ大戦シリーズ』などで知られるマルチクリエーター・広井王子が総合演出を務める少女歌劇団ミモザーヌのメンバーでいられるのは、10代の間だけ。20歳になったら卒団するという年齢制限が設けられています。メンバーの少女たちは、その限られた時間のなかで、ミモザーヌの活動と学業を両立させながら、歌、ダンス、アクロバットなどの厳しいレッスンを重ね、世界に通用するエンターテイナーとして成長していきます。

出典: FANY マガジン
出典: FANY マガジン

今回の公演は、歌だけでなく芝居も入った構成のショーで、きくたがストーリーテラーとなり、少年と少女の別れの物語がミュージカル調で展開していきます。ステージは、ジャズやヒップホップのダンス、動物に扮した衣装を身につけた歌唱など、まさに多彩でパワフル! その熱量に、観客は圧倒され続けました。

最後は全員で団歌を合唱!

休憩をはさんだ第2部では、一転して吉本興業の劇団らしく、お笑いコーナーも。特別応援ゲストとして尼神インターの渚と誠子が登場し、いわなみゆうか、もうりさくら、すずきみあいムェンドワの3人が、綱引き、風船リレー、リンボーなどのさまざまな種目に挑戦しました。

出典: FANY マガジン
出典: FANY マガジン

3人は競技を全力で行いながらも、トークではボケやツッコミを連発。そんな彼女たちを見て、誠子は「さすが吉本の後輩やね」と感心し、渚は「芸人がおるときは、もうちょっと面白くなくてもいいで」と笑いっぱなし。メンバーのバラエティへの対応力も垣間見えました。

出典: FANY マガジン
出典: FANY マガジン

歌、ダンス、お笑いなどで最高潮に盛り上がったステージも、いよいよエンディングへ。1人でステージに登場したのは、卒業を迎えるきくたです。

2019年春に1期生として入団したきくたは、その素晴らしい歌声で、審査員の満場一致でオーディションに合格。その後は、最年長として年下のメンバーを鼓舞しつづけたきくたが、目に涙をためて卒業のメッセージを届けます。

「いよいよ卒業なんだなって実感してきて、すごく寂しいです。でも10代というかけがえのない時間をここで過ごせたことは、私にとって本当に人生の宝物になったと思います」

そして、自分にとって「家族」だというミモザーヌへの思いを語りました。

出典: FANY マガジン
出典: FANY マガジン

「美しく咲き誇って、美しいときに散っていく桜のようにはかない少女たちを、これからもあたたかく見守っていただけたら幸いです。私はここで、『人の繋がりって本当に素敵だな』と何度も思いました。だからみんなには、人と人を繋ぐ架け橋となるようなグループになっていってくれたら嬉しいなと思っています。少女歌劇団の未来を私は全力で応援していくので、これからもどうかよろしくお願いします。本当にありがとうございました」

出典: FANY マガジン
出典: FANY マガジン

きくたの挨拶が終わると、観客からは万雷の拍手が注がれます。その後のアンコールでは、団歌「ミモザのように」を、きくたと残るメンバーの全員で大合唱。思いの詰まった歌声とともに、いつまでも記憶に残る、感動の卒団公演となりました。

出典: FANY マガジン
出典: FANY マガジン

関連記事

関連ライブ配信

関連ライブ