吉本新喜劇が誇る2組の“セクシー”ユニットがガチンコ対決! 「セクシーはこっちですから!」

吉本新喜劇が誇る女性座員の“セクシー”ユニット「怪盗チャッソアイ」と「爆乳三姉妹」。この2組がガチンコで激突する特別イベント『チャッソアイvs爆乳三姉妹〜2022夏の陣〜』が、8月26日(金)に大阪・MBS毎日放送内のちゃやまちプラザステージで開催されました。6人が一堂に会するレアな舞台を見ようと会場には多くのファンが集結。手に汗握る爆笑バトルの行方は……!?

出典: FANY マガジン
出典: FANY マガジン

チャッソアイと爆乳三姉妹は、いずれも吉本新喜劇の女性座員によって結成された3人組ユニットです。やなぎ浩二のギャグ「ちゃーっそ!」にちなんで名づけられたチャッソアイは、酒井藍、小寺真理、重谷ほたるからなるユニット。服部ひで子、森田まりこ、岡田直子による爆乳三姉妹は、新喜劇きってのおもしろセクシー集団としてテレビなどでも活躍しています。

ひで乳が挑発「チャッソアイは我々のレプリカ」

イベントのMCを務めたのはすっちー。レフェリー姿で登場し、「正直、なんでこれを僕がやるんですかと何度も聞きました。誰が企画したんでしょうねえ」と首をかしげつつ、「どんな化学反応が起こるのか……」と興味津々です。

まず呼び込まれたのは爆乳三姉妹。長女のGカップ・ひで乳、次女のFカップ・森乳、三女のEカップ・岡乳が順番に自己紹介し、挨拶がわりのギャグ「ばーくにゅー!」を炸裂させます。さらに、そのままショートコントを3本連続で披露する強心臓ぶりで、すっちーを驚かせました。

出典: FANY マガジン
出典: FANY マガジン

一方の怪盗チャッソアイは往年の名曲、杏里の『CAT’S EYE』に乗って会場後方扉から客席通路を通って舞台へ。キャッツアイさながらのレオタード姿、忍び足のウォーキングが笑いを誘います。「今夜、あなたのハートをいただきます!」と長女・ほたるチャッソ、次女・真理チャッソ、三女・藍チャッソが自己紹介を終えると、爆乳三姉妹と同じポーズで「ちゃーっそー!」と決めゼリフ。藍チャッソは「ここにやなぎ師匠がおられると思って頑張りたい」とやる気十分です。

出典: FANY マガジン
出典: FANY マガジン

のっけからライバル心剥き出しの2組。ひで乳が「チャッソアイは我々のレプリカ」と言い放てば、森乳も「セクシー路線でいこうとしてるけど、セクシーはこっちですから!」と改めて谷間を強調するなど、キャリアで先行する爆乳三姉妹が相手を挑発します。

セクシーとは程遠いポーズを連発!?

まずは「セクシーゼスチャー対決」からスタート。お題に沿って1人がゼスチャーをして、残る2人が言い当てるという定番ゲームです。ただしBGMがセクシーな曲に変わると、それが流れている間、ゼスチャーもセクシー系にシフトチェンジしなければなりません。

先攻の爆乳三姉妹は、「ゴリラ」「柔道」などテンポよく正解を出してチームワークのよさを披露します。しかし「海賊」というお題でBGMが変わると、ゼスチャー担当の岡乳がセクシーとは程遠いポーズを連発。また、森乳は身体能力を生かした高難度なセクシーポーズを繰り出し会場を爆笑の渦に巻き込みました。

出典: FANY マガジン
出典: FANY マガジン

後攻のチャッソアイは、1番手の真理チャッソが怪しい動きを繰り返し、「ハト」というお題がなかなか通じません。セクシーBGM中も不発で、すっちーから「めちゃめちゃダサい! 古い!」と容赦なくツッコまれます。藍チャッソもセクシーBGMでは「セクシーの引き出しがなさすぎる」とダメ出しされましたが、本人は「フェロモン出してたんですよ!」とケロリ。結果はお題5つを正解した爆乳三姉妹の勝利となりました。

出典: FANY マガジン
出典: FANY マガジン

続いては「チーム対抗!風船尻割りチャレンジ」。風船をお尻で割るだけのシンプルなゲームで、1分間により多く割ったチームが勝利します。

このゲームでも爆乳三姉妹が先攻。後半は岡乳が1人で風船割りに専念し、威勢のいい破裂音を響かせながら、用意された2箱分の風船をすべて割る大活躍を見せました。後攻のチャッソアイは、藍チャッソが「オブラートに包んで言うと、肛門が荒れてまして……」と申告。代わりに真理チャッソが目を見張るほどのスピードで割り、こちらもあっという間に2箱分の風船が終了します。

出典: FANY マガジン
出典: FANY マガジン

最終的に風船の数ではなくかかった時間で判定することになり、チャッソアイが堂々の勝利を収めました。ゲーム後は、“痔の先輩”であるすっちーと藍チャッソの、経験者にしかわからないトークでも大盛り上がり!

むちゃぶりに対応できたのは…

3つめのゲームは「むちゃぶりで粘れ! 綱引き対決」。ガチンコの綱引きで、負けたチームの代表者には、すっちーからのむちゃぶり罰ゲームが出されます。ここですっちーからOKをもらえれば綱引きに再チャレンジできますが、ダメならそのまま敗北です。

全員が軍手をはめ、「ぎゃー!」「きー!」と奇声を発しながら力を振り絞りますが、やはり最後尾に藍チャッソを置くチャッソアイは強くあっという間に勝利。負けた爆乳三姉妹・岡乳には「セクシーアイドルっぽく自己紹介。しかも熟女系」というむちゃぶりが……。懸命に妖艶な動きとセリフを繰り出す岡乳にすっちーは思わず脱力し、「やっぱウブなのが出たねー」と分析するも、頑張りに応えて再戦を許可しました。

出典: FANY マガジン
出典: FANY マガジン

第2戦でも負けた爆乳三姉妹・ひで乳へのむちゃぶりは、「異性に言われてショックだったひと言」。ひで乳は「ヒゲ生えてるね」と答えて会場を爆笑の渦に巻き込みます。結局、勝負は第4戦までもつれ込み、最終的にチャッソアイの勝利に。白熱の力比べを終え、6人は滝のような汗! すっちーは「セクシーな汗じゃなくて、引っ越しの汗ですね」と笑わせていました。

次回対戦も乞うご期待?

ラストは「ガチンコ相撲対決」。先鋒は藍チャッソvs.岡乳! メガネを外した岡乳をすっちーが「ギャロップ・林(健)さんですよね?」とイジるなど、笑いでは互角の戦いを見せる2人でしたが、やはり体格差は大きく藍チャッソのお腹でボヨンと弾かれ、岡乳はあえなく押し出されました。

出典: FANY マガジン
出典: FANY マガジン

次鋒の真理チャッソvs.ひで乳、大将戦のほたるチャッソvs.森乳もチャッソアイが勝利し、最終得点は210対20でチャッソアイの圧勝! エンディングでは、負けた爆乳三姉妹がパンストをかぶり、それをチャッソアイに引っ張られるという屈辱の罰ゲームが行われました。

こうして大盛況のうちに幕を閉じた“夏の陣”。ひょっとして“秋の陣”や“冬の陣”はあるのか!? すっちーは「これはありそうですよ!」と自信たっぷりに予言しました。

関連記事

関連ライブ配信

関連ライブ