“初参戦”anoが小籔の歯並びを大絶賛! コヤソニ2日目も豪華アーティストが勢ぞろい【KOYABU SONIC2023②】

吉本新喜劇・小籔千豊が主宰するフェスティバル『KOYABU SONIC2023』が、9月16日(土)から9月18日(月・祝)の3日間、大阪市住之江区にある国際展示場「インテックス大阪」で開催されました。“音楽×笑い×ゲーム”をテーマに4年ぶりに復活したコヤソニは、初の「フォートナイトエリア」も誕生し、豪華アーティストによるライブや芸人によるネタで会場を盛り上げました。チケット完売となったイベント2日目の様子をお届けします!

出典: FANY マガジン
出典: FANY マガジン

2日目のネタブロックは、小籔が「エゲつなくおもろい人ばかり!」と選んだ芸人が集結! 前半は、エルフ、ハイツ友の会、ビスケットブラザーズ、アキナ、藤崎マーケット、かまいたち、天竺鼠、千鳥、矢野・兵動、後半は、ヒコロヒ―、そいつどいつ、ネルソンズ、スーパーマラドーナ、中川家が登場しました。西のベテラン漫才師から東のコント師まで、コヤソニならではの豪華なラインナップです。

SMコント「お恥ずかしい~!」でオープニング

吉本新喜劇の今別府直之が仕切る前座には、「SNSで話題の旬のダンスユニット!?」が登場。よしもと新喜劇NEXTから選出されたメンバー、谷川友梨、湯澤花梨、咲方響、たかおみゆき、森田まりこ、岡田直子が「NiziU/Make you happy」と「BTS/Dynamite」を、フォーメーションを変えながら元気いっぱいにパフォーマンスしました。

出典: FANY マガジン
出典: FANY マガジン

オープニングVTRでは、コヤソニに3日間すべて出演し、ギャルパワーで盛り上げる“コヤソニアンバサダー”のエルフ・荒川が大活躍します。ゲームばかりして引きこもっていた小籔にパラパラダンスで元気を注入。すると「ギャルのパワーにより復活しました!」と小籔が登場し、会場から大きな拍手が。

そして小籔がオープニングアクトに選んだのは、テレビ番組での共演をきっかけに知ったというホリプロコム所属のお笑いコンビ、魔族です。調教マスク姿のマゾちゃんとムチを持ったサドヤマエスが「お恥ずかしい~!」という決め台詞を連発しながら、朝に似つかわしくないSMコント、SM漫才で、観客をザワつかせました。

白いパーカー姿のyamaが「過去イチ動きました!」

午前中からたくさんのお客さんが詰めかけた2日目。トップバッターは、「マキシマム ザ ホルモン」のフランチャイズバンドとして、オーディションで選ばれたメンバーで結成されたコロナナモレモモ。コヤソニはモッシュ・ダイブ禁止ですが、1曲目の「F」から怒涛の爆音が鳴り響き、客席前方はヘッドバンキングも巻き起こります! キャッチ―&ヘヴィなサウンドで朝から熱狂の空間を作り出しました。

©AyuMegadewi Kubota
©AyuMegadewi Kubota

ライブ後のトークでは、「はじめましての人が多いなか、騒いでくれてうれしかったです!」とボーカルのセキはん。来年2月で解散が決まっているコロナナモレモモですが、小籔主導で再結成して、どうにか来年も出演できないかと作戦を練っていました。

続いて、テレビやラジオでも大活躍するanoがコヤソニ初登場! 小籔も「大阪で、いまをときめくアゲアゲガールを見れるのはコヤソニだけ!」とハイテンションで、会場も注目度が伺える集客ぶりです。

レーザーが照らすなか、黒とオレンジのキュートな衣装で登場したanoは、ふだんの話し方とはギャップのあるシャウトやデスヴォイス、切実な感情をのせた歌唱でアーティストとしての存在感を見せつけました。

出典: FANY マガジン
出典: FANY マガジン

ファン待望の「ちゅ、多様性」では、ダンサーとともにキュートなダンスを披露。ライブ後、小籔と初対面のanoは、小籔の歯並びに「かわいい! 欠点があると癒される」とテンションアップ。小籔も「この人はウソついてないと思う」と、独特の感性満開のトークに笑いが起こりました。

かまいたちや千鳥など人気者が超満員の会場を沸かせるなか、次に登場したのは、小籔が「えげつない歌声の持ち主!」と注目するアーティスト、yamaです。

青くライトアップされた幻想的なステージに、お馴染みの白パーカー姿のyamaが登場すると、「色彩」「春を告げる」とキラーチューンを連発します。「くびったけ」では、「過去イチ動きました!」とステージを楽しんだ様子。観客はその独特の歌声を堪能しました。

仮面をつけたミステリアスなイメージのyamaですが、小籔いわく、「ふだんは快活な人。商店街のおばちゃんに気にいられるイメージ」と、素顔が垣間見えるエピソードも飛び出しました。

出典: FANY マガジン
出典: FANY マガジン

石崎ひゅーい“激似”の千鳥・ノブが…!?

続いては石崎ひゅーい。2020年にコヤソニ出演が決まっていたにもかかわらずコロナ禍によって中止になってしまい、今回は満を持しての初出演です。

7月に10周年記念アルバム『宇宙百景』を発売した石崎は、「音楽をやっていなかったら出会えなかった巡り合わせばかり。小籔さんありがとうございます」と感慨深げに「花瓶の花」を歌い上げます。

ラスト曲「さよならエレジー」では、ファンの間ではおなじみの“声が激似”の千鳥・ノブがタイトルコールするサプライズも! ライブ後、並んで立つ石崎とノブを見比べて、小籔は「系統が一緒。バリバリ親戚感がある」と感心していました。

出典: FANY マガジン
出典: FANY マガジン

小籔から「ずっとお世話になっています!」と紹介されたのはクリープハイプ。「ナイトオンザプラネット」でたちまち観客の心を鷲づかみに。「ラブホテル」の演奏途中には、尾崎世界観があるホテルで遭遇した珍ハプニングを披露。予想不能のオチに会場が大笑いです。

また、「あまり人のことを尊敬したりしないですけど、小籔さんのことは珍しく好きです」と小籔に感謝の言葉を贈る一幕も。

出典: FANY マガジン
出典: FANY マガジン

きゃりーぱみゅぱみゅに「純度100%のかわいさ」

この日、2回目のネタブロックのあとは、いよいよ後半戦です。初出演のtoeは「グッドバイ」から。ドラマティックなサウンドが瞬く間に会場を飲み込んでいきます。超絶技巧のパフォーマンスに観客は大いに湧き、ラスト曲「F.A.R」の演奏が終わった後も拍手が鳴り止みません。小籔とエルフはまずは黙って拍手、そして一礼。「言葉がないです」とtoeの演奏力に圧倒された様子でした。

出典: FANY マガジン
出典: FANY マガジン

きゃりーぱみゅぱみゅのステージは最後までポップでキュート。小籔のお気に入りと聞いてセットリストに入れた「きらきらキラー」、そして「みんなで一緒に楽しみたい」と「かまいたち」のフリを観客にレクチャーし、一体感を高めます。

「原宿いやほい」では、「ワンツー、いやほい!」のコール&レスポンス。「私史上、いちばんカッコいい曲」という「ファションモンスター」は満員の観客全員が手を大きく掲げ、会場がひとつになりました。

ライブ後、小籔はひとこと目から「純度100%のかわいさ」とベタ褒め。途中でトークに加わったエルフ・荒川も「かわいい~!」と大興奮でした。

出典: FANY マガジン
出典: FANY マガジン

2日目のトリは、初日に引き続き、小籔が参加するジェニーハイです。新垣隆(key)による「みんな、ノッてるか~い!?」の掛け声に客席も盛り上がります。そして、さまざまなアーティストを迎えたコラボパフォーマンスで最高潮に。まずはyamaとの「モンスター feat.yama」。yamaと中嶋イッキュウとの絶妙なハーモニーが会場全体を包みました。

続いて「華奢なリップ feat.ちゃんみな」。最終日にステージがあるちゃんみなですが、このコラボのために来場し、キュートでパワフルなパフォーマンスで観客の心を鷲掴みにしました。

「これを見られるの、うれしいんじゃないですか?」と川谷絵音が問いかけると、観客は大歓声。川谷自身、「めちゃくちゃ楽しかった」とコラボに大満足の様子です。

小籔からも「毎回、コラボをやりたいから、アイナ(・ジ・エンド)ちゃんと、ちゃんみなちゃん、yamaさんとのコラボ曲を増やして」とリクエストが飛び出すと、川谷は「3人とのフューチャリング曲を作れば、来年のコヤソニで歌えますね」。これはもう、来年に期待が膨らみます。

出典: FANY マガジン
出典: FANY マガジン

シークレットゲストは「えげつないくらい歌がうまい」!?

最後は、シークレットゲストとして吉本新喜劇・川畑泰史の登場です!

「えげつないくらい歌がうまいです」という小籔の紹介にどよめく会場。登場した川畑は、「本当にすみません……」と恐縮しきり。さらに「あの男、どんだけ丁寧にハードル上げるんですか!」と続け、お客さんは大笑い。気を取り直して、川畑は大阪が好きな小籔のために、弾き語りでBOROの「大阪で生まれた女」を熱唱。そして、「いつかこういう場所で歌えたらと夢に描いてきた」という川畑が、子どものころから聴いていたという松山千春の「大空と大地の中で」をじっくり歌い上げました。

出典: FANY マガジン
出典: FANY マガジン

小籔は「座長じゃなくなってヒマやろう」ということで川畑にオファーした、とのことですが、感想を聞かれた川畑は「最高のお客さんに助けられました」と観客に感謝を伝えます。一方の小籔は「思てた以上にうまいでしょう?」。客席からは大きな拍手が沸き起こりました。

関連記事

関連ライブ配信

関連ライブ