本革の端材を使ったキーホルダー作りにスマイルと子どもたちがチャレンジ! 「大人でも大変」

快晴となった2日目の30日(土)、大阪府吹田市の万博記念公園で開催中の「Warai Mirai Fes 2022 ~Road to EXPO 2025~」(チーム関西・吉本興業共催)、W-zoneの「ラフ&ピース マザー ワークショップ」で、「豊田合成 presents レザーキーホルダーづくりを通してSDGsを学ぼう!」が行われました。このワークショップは、レザー製品の生産過程で発生する端材を活用してレザーキーホルダーを作り、SDGsのこと、ものづくりの楽しさを学ぶというものです。

出典: FANY マガジン
出典: FANY マガジン

子どもたちとレザーキーホルダー作りに取り組むのはスマイル(瀬戸洋祐、ウーイェイよしたか)。まず、スタッフによるSDGsの説明や豊田合成の紹介に続いて、キーホルダー作りへ。ボディになる部分と縫い紐の色、型抜きで使う文字選びからスタート。

出典: FANY マガジン
出典: FANY マガジン

端材の材質が牛革(本革)なので材料代だけでけっこうな価格になること、縫込みなど難しい箇所があることも伝えられると、よしたかは「(難しい箇所は)助けてください」と懇願し、笑いを誘います。スマイルの2人は参加者のテーブルを周り、縫い紐選びのお手伝い。和気あいあいとした雰囲気でワークショップは進みます。

よしたか、痛恨のミスで謝罪

出典: FANY マガジン
出典: FANY マガジン

いよいよ作業開始。ザラザラしているボディの裏側に両面テープのついた台紙を貼り付けます。瀬戸は「わからない子がいれば手伝いにいくよ」と優しく声を掛けながら、参加者のキーホルダー作りを手伝います。

出典: FANY マガジン
出典: FANY マガジン

その一方で、よしたかから「あ!」と小さな悲鳴が。しっかり作り方を間違えていたよしたかは「みんな、ごめんね」と謝りますが、「先生、これでいいですか?」とまだわかっていない様子。瀬戸からは「子どもたちに教えたいの!」とダメ出しが入れられました。

出典: FANY マガジン
出典: FANY マガジン

続いて子どもたちがそれぞれ選んだ文字の型抜きへ。この作業はスタッフが行いますが、スマイルの2人は自分たちの手で型抜き、縫いの工程へ進みます。途中、スマイルやスタッフがミスをして笑いを誘うひと幕もありつつ、作業は進行。

出典: FANY マガジン
出典: FANY マガジン

瀬戸は「思ってたより難しい」、よしたかも「大人でも大変」と感想を漏らしつつ、参加者とも楽しくコミュニケーションを取りながら作業を進めます。

子どもたちも積極的にスタッフに質問するなど、全員がキーホルダー作りに没頭し、最後は自分のキーホルダーを持って記念撮影。和気あいあいのうちにワークショップは終了しました。

出典: FANY マガジン
出典: FANY マガジン

Warai Mirai Fesは2025年大阪・関西万博に向けて、SDGsの目標達成を旗印に、笑いと食、音楽の力で関西からムーブメントを拡げるイベントです。音楽とお笑いのライブに加え、ワークショップやスポーツ教室、グルメ、さらに体験することは学ぶことをテーマとする「ラフ&ピース マザー」の「やってみた展~カラダで学ぶ遊園地~」など、多彩なイベントが開催されます。また、フードエリアでは、お客様に持参いただいた「my食器」で食品を提供する試みを実施するなど、SDGsの実践に取り組んでいます。

Warai Mirai Fesの詳しいプログラムなどは「Warai Mirai Fes 2022 ~Road to EXPO 2025~」公式HPをご覧ください。

「Warai Mirai Fes 2022 ~Road to EXPO 2025~」公式HPはこちら
Twitterはこちら
Instagramはこちら

イベント概要

Warai Mirai Fes 2022~Road to EXPO 2025~

日程:4月29日(金・祝)~5月1日(日) 
会場:万博記念公園(大阪府吹田市千里万博公園1-1)
(お祭り広場・上の広場・下の広場・EXPO’70パビリオン)
共催:チーム関西(関西の14企業・大学で構成)/吉本興業株式会社          
※雨天決行。ただし荒天の場合は中断・中止の可能性があります。

関連記事

関連ライブ